ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 国外からの転入してきたときの手続き

国外からの転入してきたときの手続き

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月3日更新

国外から足利市へ引っ越しされた方は、新しい住所に住み始めてから14日以内に転入届をお願いします。

※現在、滞在された国・地域やワクチン接種状況によって、自宅等での待機が国から要請されていますので、待機期間を経過した後、届出に来庁されるか、代理人等に届出を依頼していただきますようお願いいたします。
(現在、新型コロナ感染拡大防止のため、14日を過ぎても届出ができます。)

届出する方

本人、または本人と足利市で同一世帯となる人
(それ以外の方が届出する場合は、代理人選任届が必要になります。)

必要なもの

・窓口に来る方の本人確認書類

≪転入する方が日本国籍の場合≫
・帰国日が確認できるもの(転入者全員分のパスポート・航空券の控えなど)

≪転入する方が外国籍の場合≫
・パスポート
・在留カードまたは特別永住者証明書
・世帯主との続柄を確認できる書類(既世帯に入る場合)

ご本人様の状況によって、転入に伴い様々な手続きが必要になりますので、ご確認をお願いいたします。
 足利市に越してきたときのお手続きにつきましてはこちらをご覧ください [PDFファイル/414KB]

国外からの転入届受付場所

市民課(市役所本庁舎1階) 平日 8時30分~17時15分
市内各公民館(織姫・助戸を除く) 平日 8時30分~17時15分

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)