ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農地の有効活用を図るため下限面積を見直しました

農地の有効活用を図るため下限面積を見直しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年3月10日更新

 農地法第3条により、農地を耕作する目的で権利取得などをする場合には、その取得後の経営面積が下限面積以上でなければ取得などができません。                                                                  

※農業経営基盤強化促進法による利用権の貸借については、下限面積の適用はありません。

見直し結果は下表のとおり                          

区域下限面積

旧市、三重、山前、葉鹿

20アール 
北郷、名草、三和、小俣、山辺30アール
毛野、御厨40アール

 富田、矢場川、筑波、久野、梁田  

50アール

下限面積チラシ [PDFファイル/79KB] 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)