ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > ジカウイルス感染症(ジカ熱)について 【一部情報を更新しました】

ジカウイルス感染症(ジカ熱)について 【一部情報を更新しました】

印刷用ページを表示する掲載日:2016年3月1日更新

ジカウイルス熱とは 

 中南米を中心に、ジカウイルス感染症が多数報告されています。
ジカウイルス感染症はデング熱及びチクングニア熱と同様、蚊を介して感染します。また、ジカウイルス感染症は感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいこともあります。
 海外の流行地において、蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛等の症状が見られた場合は、医療機関を受診してください。
 海外の流行地へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。

妊婦や胎児への影響 (ジカウイルス感染症に関するQ&A

  ジカ熱は、妊娠中の女性が感染すると胎児に感染する可能性が指摘されていますが、その感染機序や感染時期はわかっていません。
 ブラジル保健省は、妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症に関連がみられるとの発表をしており、2016 年1月15 日には、米国Cdc が、妊娠中のジカウイルス感染と小頭症との関連についてより詳細な調査結果が得られるまでは、流行国地域(※)への妊婦の方の渡航を控えるよう警告し、 妊娠予定の女性に対しても主治医と相談の上で、厳密な防蚊対策を推奨しました。
 1 月21日には、Ecdc (欧州疾病対策センター)は、流行地域への妊婦及び妊娠予定の方の渡航を控えることを推奨しました。現在、小頭症や神経障害とジカウイルスとの関連についての調査が行われています。
 ※アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域で発生があります。特に、近年は中南米で流行しています。

海外渡航をする場合の予防方法 (ジカウイルス感染症に関するQ&A

 海外の流行地にでかける際は、蚊に刺されないように注意しましょう。長袖、長ズボンの着用が推奨されます。また蚊の忌避剤なども現地では利用されています。
 近年、ブラジルにおいて小頭症の新生児が増えており、ジカウイルスとの関連が示唆されています。このため、妊婦及び妊娠の可能性がある方の流行地への渡航を控えた方がよいとされています。やむを得ず渡航する場合は、主治医と相談の上で、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。

性行為について (ジカウイルス感染症に関するQ&A)   2016年7月1日更新

 性行為により男性から女性パートナーへの感染伝播が疑われている事例が報告されています。現在、性行為による感染についての十分な知見は得られていませんが流行地に滞在中もしくは、流行地域から入国(帰国を含む)した男女、症状の有無にかかわらず、最低8週間、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることを推奨します。

治療法

 ジカウイルスに対する特有の薬は見つかっておりません。対症療法となります。

この情報に関する情報

 ・ジカウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)
 ・ジカウイルス感染症に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)