ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > インフルエンザに注意しましょう!

インフルエンザに注意しましょう!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月1日更新

インフルエンザに注意しましょう

インフルエンザが流行する季節となりました。

インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。例年12月~3月頃流行がみられます。

普通のかぜよりも、注意が必要な感染症なので、しっかりと予防することが大切です。

症状

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
発熱(通常38℃以上の発熱)、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。嘔吐、下痢などを伴う場合もあります。お子様ではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では、肺炎を伴う等、重症になることがあります。

予防対策について

(1)外出後は、流水・石鹸よる手洗いをしましょう。
  インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いので、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

(2)普段から咳エチケットを心がけましよう。

  • 咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
    マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

  ※ 咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。
  ※ マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

(3)室内を適切な湿度(50~60%)に保つことも効果的です。

(4)体の抵抗力を高めるために、普段からバランスのよい食事や十分な睡眠をこころがけましょう。

(5)インフルエンザが流行してきたら、特に高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、疲労気味、睡眠不足の方は、人ごみや繁華街への外出を控えましょう。

(6)流行前のワクチン接種
  インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効と報告されています。流行前にワクチン接種をする方が増加する傾向にあります。

(7)症状が出てきたら、早めに医療機関で診察を受けましょう。

◇インフルエンザ関連情報はこちらからご覧いただけます。

「平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策」 厚生労働省のホームページ

インフルエンザQ&A(平成29年度) 厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所 感染症疫学センターホームページ:インフルエンザとは