ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども課 > 平成29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されます(厚生労働省)

平成29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されます(厚生労働省)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月25日更新
育児休業給付金は、原則1歳に達する日前までの子を養育するための育児休業を取得した場合に支給されます。
これまで、保育所等における保育の実施が行われないなどの理由により、子が1歳に達する日後の期間に育児休業を取得する場合は、子が1歳6か月に達する日前まで育児休業給付金の支給対象期間が延長できましたが、さらに平成29年10月1日より、保育所等における保育の実施が行われないなどの理由により、子が1歳6か月に達する日後の期間に育児休業を取得する場合は、子が2歳に達する日前まで育児休業給付金の支給対象期間が延長できるようになります。

給付の支給延長が可能となる対象者とは

育児休業給付金の延長申請については、あらかじめ保育所の入所申込を行っており、市から入所不承諾(保留)通知が発行されている保護者が対象となります。

※支給延長対象事由については上記の事由以外にもありますので、詳しくは最寄りのハローワークへお尋ねください。

ご注意ください

○保護者より育児休業を延長することを前提に入所不可能な保育所等への申込を行うこと、入所不承諾(保留)通知を発行することはできません。

○希望の保育所等に入れない、空きがないことを理由に育児休業給付金の延長を申し入れすることはできません。

○すべての保育所等への受入が不可となった以後に入所申込がされた場合には、入所不承諾(保留)通知を発行したうえで、待機児童として引き続き入所の利用調整を行ってまいります。

※市からの「入所不承諾通知等」証明の発行が困難な場合は、ハローワークにご相談ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)