ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 定例委員会日程及び申請締め切り

定例委員会日程及び申請締め切り

印刷用ページを表示する掲載日:2012年4月24日更新

総会日程及び申請締め切り

平成29年度総会の日程については、以下のとおりです。  (原則午前9時30分~開催)

  • 4月 5日(水曜日)/25日(火曜日) 第3委員会室
  • 5月25日(月曜日) 火曜日 第3委員会室
  • 6月26日(月曜日) 別館研修室
  • 7月25日(金曜日) 別館研修室
  • 8月25日(金曜日) 別館研修室
  • 9月25日(月曜日) 別館研修室 ※午後3時~
  • 10月25日(水曜日) 第3委員会室
  • 11月27日(月曜日) 第3委員会室
  • 12月25日(月曜日) 別館研修室
  • 1月25日(木曜日) 第3委員会室 ※午後3時~
  • 2月26日(月曜日) 別館研修室
  • 3月26日(月曜日) 602・603会議室

証明書の発行、許可申請等については、以下のとおりです。

1.主な証明事項

証明の種類証明の内容受付 日発行日
農業従事者証明
(建築確認申請に添付)
農家台帳に1,000平方メートル以上の農地を持つ世帯を証明、建築主が台帳に載っている人であれば証明できます。随時即日
耕作証明台帳の面積を証明します。(他の市町村に提出する場合)随時即日
届出提出・届出受理証明市街化区域の農地を過去に転用した場合、その記録についてを証明します。随時即日
転用事実証明調整の農地を転用した記録について証明します。随時受付後、概ね 1週間後
相続税猶予に関する適格者証明農業を被相続人より引き継いで経営する相続人が、特例農地について相続税の猶予を受けるために申請します。10日締切当月の総会承認後
非農地証明農地法の許可を取らずに、20年以上経過してしまったと認定された際に発行します。随時受付後、概ね 2週間後
買受適格証明農地が競売にかかる際、入札に参加するために必要になる証明です。随時受付後、概ね 1週間後(調整区域は翌月の総会承認後)
小作地証明小作地についての証明です。随時即日
許可交付証明調整区域の農地を転用した記録についての証明です。随時即日
引き続き農業経営を行っている旨の証明相続税、贈与税の納税猶予を受けている人が、猶予を継続するために申請します。随時即日
一括贈与証明3条許可を生前一括贈与により取得した人に発行します。随時即日
経営者変更届経営主の高齢、死亡などの理由により同居の家族へと変える場合に提出します。随時受理のみ

2.許可(届出)申請受付

区分受付日備考
許可法第3条

許可申請については、いずれも毎月10日締め

*早まる場合がありますので事前に確認してください。

10日が休日の場合、前日が締切日になります。

法第4条
法第5条
届出法4・5条随時 

 根拠法…農地法

3.農地改良(事前協議)申請

種類受付日発行日備考
事前協議書随時受付後、概ね2週間後工事終了後に、事業完了届の提出が必要です。
残土等による農地の埋立て、盛土またはたい積行為を行う際には、申請が必要になります。
  • 上記の申請書類については、いずれも農業委員会事務局にあります。
  • その他、各申請および諸証明の手続きにつきましては、農業委員会事務局までお問い合わせ下さい。