ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校給食課 > 足利市の学校給食の放射性物質測定検査結果について

足利市の学校給食の放射性物質測定検査結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月25日更新
学校給食における放射線量の安全確認のため、学校給食食材の放射性物質の測定を行っています。

1 測定実施日

月曜日から金曜日の給食実施日

2 測定方法

  • 測定場所
    • 足利市学校給食共同調理場
  • 測定試料
    • 足利市学校給食共同調理場の調理済み食材
    • 足利市では、市内3調理場とも同一仕入れによる同一食材を使用しているため、足利市学校給食共同調理場における測定としています。
  • 測定方法
    • 簡易型ガンマ線スペクトロメータを用いた簡易検査
  • 測定機器
    • アトムテックス社製AT1320C
  • 測定下限値
    • 放射性セシウム(Cs-134・137)合計 25ベクレル/kg以下(厚生労働省のスクリーニング法に適合)
    • ※測定する条件や食材により変動します。
  • 測定時間
    • 20分
  • 参考
    • 「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」厚生労働省

3 測定結果

放射性物質測定検査結果一覧

測定年月日

試料(調理済み給食)

測定結果


放射性セシウム濃度

(Cs-134・137)

平成30年 6月25日ご飯/牛乳/和風ハンバーグ/ポテトスープ/ツナサラダ検出せず
平成30年 6月22日

コッペパン・小袋クリーム/牛乳/ほうれん草オムレツ/クラムチャウダー/ブロッコリーサラダ

検出せず
平成30年 6月21日

セルフさけずし・小袋合わせず(ご飯、さけずしのぐ)/牛乳/もずくスープ/そくせきづけ/
チーズドック

検出せず
平成30年 6月20日ご飯/牛乳/納豆/ぶた汁/はるさめの中華いため検出せず

平成30年 6月19日

バターロールパン/牛乳/ハムチーズサンドフライ/ミネストローネ/豆乳デザートあえ検出せず

 ※単位:ベクレル/kg

 ※表中の「検出せず」とは、放射能濃度が測定下限値未満を示しています。

これまでの測定結果ダウンロード

【参考】厚生労働省による基準値(注1)

基準値一覧表(単位:ベクレル/kg)
食品群基準値
飲料水10
牛乳(牛乳・低脂肪乳・加工乳等、乳飲料)50
乳児用食品(乳幼児の飲食に供することを目的として販売する食品)50
一般食品(注2)(上記以外の食品)100

注1:放射性ストロンチウム、プルトニウム等を含めた数値です。

注2:米、牛乳、大豆など準備期間が必要な食品は、一定の期間暫定基準値が適用されます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)