ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権・男女共同参画課 > 「ひと」と「ひと」が輝くまち宣言

「ひと」と「ひと」が輝くまち宣言

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月21日更新

 本市では、平成11年6月に制定された男女共同参画社会基本法に基づき、平成16年4月に足利市男女共同参画推進条例を施行しました。平成18年度からは、足利市男女共同参画基本計画を策定し、各種施策を展開しています。

 また、平成28年4月に全面施行された女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき、平成29年10月に足利市女性の職業生活における活躍の推進に関する計画を策定し、働く女性を支援するための各種施策を推進しています。

 男女共同参画社会の実現や女性の職業生活における活躍の推進に向けては、行政の取組みだけでなく、市民・事業者・各種団体の皆さまとの連携が不可欠です。

 この宣言を契機として、市民一人ひとりの多様な生き方が尊重され、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる、男女共同参画社会を実現するため、引き続き、様々な施策を進めます。

 

宣言文

「ひと」と「ひと」が輝くまち宣言

 わたしたちは、このまちに暮らし集う全ての人が、互いに尊重し、ともに支え合い、一人ひとりが自分らしく輝き、心豊かな生活ができる社会の実現をめざします。

 性別や年齢に関わりなく、政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受し、個性と能力を十分に発揮でき、安全で安心して暮らせるまちをつくり、男女共同参画社会の実現のために、ここに「ひと」と「ひと」が輝くまちを宣言します。

1 わたしたちは、「ひと」と「ひと」が、互いに認め合い、尊重し、性別や年齢にとらわれることなく、法の下の平等をめざし、

  個々の人間が自分らしく生きられるまちをつくります。

1 わたしたちは、「ひと」と「ひと」が、生活と仕事を両立させ、個性に応じた能力を発揮できる活力あるまちをつくります。

1 わたしたちは、「ひと」と「ひと」が、対等なパートナーとして、お互いがかけがえのない存在であることを認め合い、尊重し

  合えるまちをつくります。

1 わたしたちは、「ひと」と「ひと」が、次代を担う未来ある子どもたちのために、子どもたちが男女共同参画を理解し、将来を

  見通した自己形成ができるまちをつくります。

宣言文 [PDFファイル/49KB]

宣言の趣旨 [PDFファイル/104KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)