ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 令和4年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の助成のお知らせ

令和4年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の助成のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月1日更新

令和4年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の助成のお知らせ

高齢者の肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種料金の一部を市が負担します。
下記の「令和4年度対象者」のうち(1)に該当する方には、肺炎球菌接種助成券を3月下旬にお送りしました。

接種を希望される方は、「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について(説明書)」をよくお読みになり、予防接種の効果、副反応等医師の説明をよくお聞きになった上で、接種するかどうか判断してください。

助成の機会は生涯で一人1回です

※過去に1回でも接種された方は対象となりません。(自費接種の方も含みます。)今までに23価肺炎球菌ワクチンの予防接種1回でも受けた方は、助成対象外です。

※2024年度までに、65歳以上の未接種の全員の方が、節目の年齢になる年度に助成の機会があります。

対象者及び接種方法

令和4年度対象者

(1)令和4年度に次の年齢となる方

 65歳:昭和32年4月2日~昭和33年4月1日生まれ

 70歳:昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ

 75歳:昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

 80歳:昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ

 85歳:昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ

 90歳:昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ

 95歳:昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ

 100歳:大正11年4月2日生~大正12年4月1日生まれ

(2)60歳上65歳未満の方で、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能の障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方で身体障害者手帳1級相当の方

◆接種は義務ではありません。希望する方のみ接種してください。

助成期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日まで。

 期間を過ぎますと、助成は受けられません。

実施場所

(1)市内協力医療機関

協力医療機関名簿はこちらからご覧いただけます。

足利市高齢者肺炎球菌予防接種協力医療機関名簿
医療機関名医療機関所在地電話番号
青木病院本城1丁目156041-2213
青柳耳鼻咽喉科朝倉町268-273-1187
朝倉町よしだクリニック朝倉町3丁目15-1922-3730
足利腎クリニック伊勢南町9-543-1760
足利第一病院大月町103144-1212
足利中央病院下渋垂町44772-8401
あしかがの森足利病院大沼田町61591-0611
足利富士見台病院大前町127262-2448
あしかがメンタルクリニック田中町826-270-5577
阿部医院本院葉鹿町1丁目10-864-0888
いかるぎ町内科クリニック鵤木町3-122-7285
いざわ脳神経内科中川町364964-7833
井戸川クリニック福富町2096-173-3360
今井病院田中町10071-0181
うるしばらクリニック借宿町610-770-7177
大岡胃腸内科花園町4-241-1177
岡田内科朝倉町2丁目11-1372-8877
小倉耳鼻咽喉科医院通4丁目258221-2600
小沢医院永楽町3-141-4102
小平小児科クリニック助戸1丁目71044-1411
小平内科クリニック助戸1丁目71044-2223
落合医院今福町6621-1328
尾之内外科大前町460-455-5749
小野内科消化器科医院旭町851-422-3730
賀川診療所五十部町178521-3131
鹿島こどもクリニック鹿島町501-365-0035
鹿島整形外科鹿島町50662-7881
鹿島内科鹿島町50562-1000
かめいクリニック堀込町2760-170-6607
亀田医院ペインクリニック朝倉町3丁目16-572-2233
きねぶちクリニック元学町830-342-8200
くさの小児科上渋垂町338-373-7000
小林内科堀込町189-170-3022
小松原ペインクリニック南大町451-170-1374
こんのクリニック福居町50673-0860
三瓶医院大町11-1241-0066
柴田クリニック千歳町67-743-2330
昌平町こどもクリニック昌平町236840-1225
新山クリニック新山町225642-1881
鈴木病院栄町1丁目341221-2854
すながクリニック八椚町494-144-7211
関内科医院利保町3丁目7-144-0880
田村レディスクリニック江川町3丁目13-343-3006
筑波医院羽刈町5771-1633
てらうち内科小児科医院葉鹿町1丁目31-2764-1133
ときたクリニック江川町2丁目13-542-3323
冨田内科医院錦町45-141-5405
長崎病院※伊勢町1丁目4-741-2230
なかたクリニック借宿町55873-6760
なかみがわ内科小児科クリニック八幡町1丁目7-170-0511
中谷医院通2丁目2646-141-3591
中山内科医院通2丁目273921-6495
西田医院小俣町1789-165-0088
はじか外科内科葉鹿町1丁目16-264-8437
平沢内科医院緑町1丁目5-221-3567
福地医院西新井町317871-2161
ふじさわみみはなのどクリニック葉鹿町324-565-1387
伏島医院里矢場町1985-271-3010
伏島クリニック朝倉町3丁目3-170-3085
本庄記念病院堀込町285973-1199
前沢病院福居町121073-3191
増田医院上渋垂町72-172-5288
みくりや整形外科島田町822-673-7373
皆川病院多田木町1168-191-2188
柳田医院福居町58971-2301
山浦内科医院五十部町1256-521-6653
山川ゆい診療所山川町88-722-3651
ゆはし医院大町12-240-1500
吉田醫院江川町3-4-1222-7661
両毛クリニック中川町3546-572-5522
わたなべ整形外科寿町9-2843-2772

※正しくは崎が大ではなく立の方になります。

足利市高齢者肺炎球菌予防接種協力医療機関名簿 [PDFファイル/432KB]

接種する場合は、事前に電話等で医療機関に確認をお願いします。

(2)栃木県内相互乗り入れ事業の協力医療機関

希望される方は、接種前に健康増進課へご連絡をお願いします。接種に必要な予診票、予防接種済証等をお送りしますので、受け取った後接種してください。

(3)足利市と契約している太田市、桐生市、館林邑楽郡医師会の協力医療機関

希望される方は、協力医療機関に該当するか確認いたしますので、接種前に健康増進課までお問い合わせください。

接種方法

肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を使用し、1回筋肉内または皮下に注射します。接種量は0.5mlとします。

自己負担金

3,500円
※協力医療機関以外で接種した場合は、助成はありません。全額自費となりますので、ご注意ください。

医療機関に持参するもの

  • 肺炎球菌助成券
  • 健康保険証
  • 自己負担金
  • (新型コロナウイルスワクチン接種済証)

助成券がない場合、全額自費になりますのでご注意ください。

新型コロナウイルスワクチンと他の予防接種について

新型コロナウイルスワクチンと他の予防接種は、13日以上の間隔があいていることが原則です。

また新型コロナウイルスワクチンと他の予防接種の同日接種はできません

自己負担額の免除

対象者の中で、次に該当する方は、自己負担額が免除となります。

  1. 生活保護法による被保護世帯に属する方
  2. 市民税非課税世帯に属する方(世帯員全員が非課税)
  3. 対象生年月日で身体障害者手帳1・2級の方
  4. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能の障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方で身体障害者手帳1級相当の方

◆1・2に該当する方は、接種前に予防接種費用免除申請書の提出が必要です。接種に間に合うように、健康増進課(本城三丁目2022番地1 保健センター2階)にて申請してください。

※ 持参する物   ・本人確認できる書類(免許証、保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード等)

◆免除申請書はこちらからダウンロードできます。免除申請書 [PDFファイル/115KB]

◆3・4に該当する方は、身体障害者手帳を医療機関に呈示し、予診票に手帳の番号と等級を記入してください。

◆次に該当される方は、必要書類が増える場合がありますので、事前にご相談ください。

(1)1月2日(市民税の課税年度)以降に転入された方で、申請理由が市民税非課税世帯の方
(2)令和2年10月30日以降に転入された方で、申請理由が生活保護世帯に属する方で、転入前市町村から生活保護を受給している方

◆接種者以外の同一世帯の方は、1月1日に住民登録のあった自治体の非課税証明書が必要です。(証明料金がかかります。)詳しくは健康増進課までお問合せください。

 予 診 票   

協力医療機関にあります(市内協力医療機関及び足利市と契約している太田市、桐生市、館林市邑楽郡医師会の協力医療機関)。 

栃木県内相互乗り入れ事業の協力医療機関で接種を希望される方には、接種に必要な予診票、予防接種済証等をお送りします。健康増進課へご連絡をお願いします。

 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について(説明書)

肺炎球菌感染症は肺炎球菌によって引き起こされる伝染性疾患で、侵襲性感染(本来であれば菌が存在しない血液、髄液、関節液などから菌が検出される病態)や肺炎が発生します。肺炎球菌性肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。

肺炎球菌ワクチン予防接種の有効性

日本の肺炎球菌感染症の約80%に有効で、1回の接種により抗体価が上昇し、接種後5年後でも抗体価は平均76%が残存しています。

肺炎球菌ワクチン予防接種の副反応

予防接種の注射の跡が赤みを帯びる、腫れる、痛む、熱を帯びるなどが主な副反応です。全身反応として筋肉痛、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱などがありますが、通常2~3日中に消失します。
また、極まれですが、アナフィラキシー様反応、血小板減少、知覚異常、ギランバレー症候群等の急性神経根障害、蜂巣炎・蜂巣炎様反応などがあらわれるとの報告もあります。

 肺炎球菌ワクチン予防接種を接種するにあたり注意をすること

(1)予防接種を受けることができない人

  1.  肺炎球菌ワクチン予防接種を過去に受けたことがある人
  2. 接種当日、明らかに熱のある人(37.5℃以上をいいます)
  3.  重篤な急性症状にかかっている人
  4.  肺炎球菌ワクチン予防接種の接種液に含まれる成分によってアナフィラキシーショックを起こしたことが明らかな人
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

(2)予防接種を受けるに際し、担当医師とよく相談しなくてはならない人

  1. 心臓病、じん臓病または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人
  2.  ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人

 受けた後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがありますので注意しましょう。
  2. 入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
  3. 接種当日は、激しい運動は避けましょう。

予防接種による健康被害救済制度について

肺炎球菌ワクチン予防接種によって引き起こされた副反応により、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、因果関係を審議し、予防接種によるものと認定された場合に補償を受けることができます。

関連情報

高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の定期接種Q&Aはこちらから(厚生労働省ホームページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)