ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校管理課 > 市立小中学校耐震診断結果について

市立小中学校耐震診断結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年4月1日更新
  • 学校施設は、児童生徒等が一日の大半を過ごす場であるとともに、震災などの非常災害時には地域住民の緊急避難場所としての役割も果たすことから、安全性の確保は極めて重要です。
  • 足利市では、新耐震基準施行以前(昭和56年以前)に建築された学校施設について、平成20年度から平成21年度にかけて耐震性能を判定する「耐震2次診断」を実施しました。
  • 耐震診断結果を踏まえ、平成27年度末までにすべての耐震補強工事を完了し、耐震性が十分な建物の割合を示す耐震化率が100パーセントとなりました。

耐震診断結果

  市立小中学校施設耐震診断結果一覧(平成28年4月1日改訂版) [PDFファイル/189KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)