ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境政策課 > グリーン購入の推進について

グリーン購入の推進について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月1日更新

Get Acrobat Reader 
この中の資料は一部PDF形式で作成しております。
PDF形式のファイルをご覧になるには、Acrobat Reader が必要です。
左のアドビシステム社のロゴをクリックしてダウンロードしてください。

グリーン購入の推進について

平成13年4月に「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」が施行されたのを受け、本市では平成14年7月に「足利市グリーン購入調達方針」を策定、足利市で行う物品の購入等について平成15年4月から適用しております。
主な内容は下記のとおりです。

平成28年度特定調達品目の調達実績について [PDFファイル/170KB]

1.目的

「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」第10条に規定する環境物品等の調達の推進を図るための方針を定め、環境への負荷の少ない社会の構築に貢献することを目的とします。
また、市がグリーン購入を率先して推進することにより、市民、事業所等の物品等の調達時における環境配慮への取り組みを促します。

2.対象範囲

市のすべての機関が行う物品等の調達とします。(市施設の指定管理者については、足利市グリーン購入調達方針に基づくよう協力を要請します。)

3.基本的考え方

物品等の調達を行う時は、やむを得ない理由がある場合を除き、次の基本的考え方に基づき、環境負荷の低減に役立つ物品等(以下「環境物品等」という。)を優先して選択するものとします。(18分類 260特定調達品目)

  1. 環境汚染物質の使用や放出が削減されていること。
  2. 資源やエネルギーの消費量が削減されていること。
  3. 長期間の使用や再使用が可能であること。
  4. 有効なリサイクルが可能であること。
  5. 廃棄時の処理・処分が容易になるような配慮がなされていること。

4.推進方法

(1)特定調達品目及び調達目標

前年度の調達実績や今後のの調達予定等を考慮し、調達を推進する環境物品等の品目及び調達目標を定めています。

(2)各課等におけるグリーン購入の取組み

「足利市役所地球温暖化対策実行計画」に定める環境保全推進員(各課長及び同相当職)は、調達目標を定めた特定調達品目に該当する物品等を調達しようとする際には、入札条件等に明示する方法 などにより優先的に購入するものとします。

(3)調達実績の把握等

  1. 環境保全推進員は、毎年度はじめに前年度の実績を環境保全責任者(各幹事課長及び同相当職)に報告するものとします。
  2. 環境保全責任者は、調達実績をとりまとめ、足利市環境基本計画庁内推進会議に報告するものとします。
  3. 足利市環境基本計画庁内推進会議は、報告に基づき評価を行い、必要に応じて目標や取組内容等の見直しを行います。
  4. 本方針、調達実績等については公表します。

5.適用時期

 本方針は、平成27年4月1日から適用します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)