ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > ご当地ナンバープレート導入を検討します。

ご当地ナンバープレート導入を検討します。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月28日更新
■「渡良瀬」ナンバー導入に向けた取組み
 ご当地ナンバーについては、これまで2回にわたって募集があり、全国で29種類の新たなご当地ナンバーが創設されています。
 この度、新たに公募が開始された「地方版図柄入りナンバープレート」と合わせて、ご当地ナンバーの追加募集が発表されました。
 足利市は、桐生市、みどり市の2市とともに広域的な取組みとして、「渡良瀬」ナンバー導入について検討しております。

■ご当地ナンバーとは
 従来、自動車のナンバープレートは、管轄運輸支局などの名称が表示されていましたが、地域振興などの観点から、地域の要望に応じて、
 新たな地域名を表記できる制度です。

■地方版図柄入りナンバープレートとは
 地域の一体感の醸成などを目的として、ナンバープレートのさらなる活用を推進するため、地域の特色を踏まえた図柄をナンバープレートに表示する
 新たに国土交通省により発表された制度です。
 なお、図柄入りナンバープレートについては、先行してラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様のものが交付されています。
■導入に必要な条件
 ・単独市町の場合は、車両登録台数が10万台を超えていること
  ⇒足利市は約72,000台のため、単独申請できません。
 ・複数市町の場合は、概ね5万台を超えていて、かつ地域名表示が国内外で相当程度の知名度を有していること
 ・地域住民の合意形成が図られていること
  ⇒H30年1月中旬にアンケートを実施

■「渡良瀬」ナンバーが導入されると
・地域名の知名度アップや郷土愛の醸成などが期待されます。
・新たに地域の図柄入りナンバープレートも選択が可能になります。
・域内にお住いの方や事業者等に交付されるナンバープレートはすべて新たな地域名表示となります。(無地も選べます。)
・ご使用中の自動車のナンバープレートはそのままのご使用が可能です。
・新規登録や変更登録をする場合は、「とちぎ」ナンバーは選択できなくなり、順次、「渡良瀬」ナンバーに切り替えることとなります。

■「渡良瀬」ナンバー導入の検討に係る住民意向調査について
 導入には、「地域住民の合意形成が図られていること」とあるため、「渡良瀬」ナンバー導入についてのご意向を市民の皆さんにお聴きしたく、
 平成30年1月中旬に郵送による市民アンケートを実施します。
 広く皆さまのご意向を伺いながら、ご当地ナンバープレート導入の是非について、慎重に検討を進めていきます。
 アンケートがお手元に届いた際は、趣旨をご理解のうえ、回答にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)