ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > ご協力ください!まだまだできる、ごみ減量

ご協力ください!まだまだできる、ごみ減量

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月24日更新
 ごみの搬出にあたりましては、日頃からご協力いただき感謝申し上げます。
 南部クリーンセンターから排出される焼却灰の埋立先である小俣町の最終処分場は、現在使用することができません。4月1日からは、ごみの収集が円滑に進められるように、他の処分場へ搬出しています。
 このようなことから、家庭から出される燃やせるごみは、市民のみなさまのご協力により3年連続で減少しておりますが、市ではより一層の削減を目指して、ご協力いただく「ごみ減量アクションプログラム」を平成27年に策定しました。
 そこで、家庭から出されるごみの搬出に当たり、特に次の点にご協力ください。

 ◎アクション1(燃やせるごみの約4割が紙類です)

 ☆新聞紙、段ボールをはじめ紙類は分別するようにお願いしておりますが、   お菓子の箱、ティッシュの箱、窓付き封筒なども燃やせるごみに入れず分別できますので、紙袋などに入れて資源物として出してください。

  チョコの箱 ティッシュボックス 封筒    矢印 紙   紙袋

                                                                     ビニールやセロテープは切り取ってから、ひもで十文字にしばるか、紙袋に入れて出してください。

◎アクション2 

 ☆ペットボトルは、汚れたものやタバコなど異物が混入されたものは、リサイクルできません。洗って資源物として出してください。

ペットボトル

ペットボトルペットボトルマーク  矢印洗う  矢印 ペットボトル袋

                                                            フタをとり、ボトルを洗って、半透明か透明の袋に入れて出してください。

  • プラマークの付いているものは、燃やせるごみへ

 

◎アクション3

☆過剰包装は断り、買い物はマイバック(買い物袋)の利用をお願いします。

     エコバック

◎アクション4

☆食べ物のむだをなくしましょう。

   食品ロス

生ごみの減量、堆肥化を進めましょう。(生ごみ処理機器の補助制度をご活用ください。