ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > ごみステーションにおける不法投棄物自主搬入報奨金交付制度

ごみステーションにおける不法投棄物自主搬入報奨金交付制度

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月27日更新

自治会が、ごみステーションに排出された不法投棄物を回収し、南部クリーンセンターに自ら搬入したときに、報奨金を交付する制度です。

pdf 足利市ごみステーションにおける不法投棄物自主搬入報奨金交付要綱 [PDFファイル/75KB]

南部クリーンセンターに搬入する前に、次の事項をご連絡ください

搬入予定日の前日までに、電話で、ご連絡ください。

  • 自治会名
  • 搬入予定日、時間
  • 搬入する車両の台数 
  • 搬入する主なごみの種類

申請手続き

下記申請書に必要事項を記入し、自治会の印又は自治会長の認印を押印のうえ、南部クリーンセンターに搬入した際に、計量棟で発行された「受付計量票」の原本を添付して、ご提出ください。

pdf 足利市ごみステーションにおける不法投棄物自主搬入報奨金交付申請書 [PDFファイル/67KB]

報奨金

報奨金額

自主搬入1回につき、2000円。

※不法投棄物の自主搬入は年に何回でも行えますが、報奨金の交付は、一自治会につき、年に2回までを上限とします。積極的な活用をお願いいたします。

報奨金の支払い

市に登録されている自治会の口座に、後日振込します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)