ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > 住宅が火災になったときの廃棄物の処理について

住宅が火災になったときの廃棄物の処理について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月1日更新

住宅が火災等になった際に、焼けた家財を南部クリーンセンターに搬入することができます。

南部クリーンセンターに搬入できるごみ

  火災になった住宅内にあったもので、概ね次のようなごみ

  • たんす、ベッド
  • ふとん、衣類
  • 食器
  • 家庭用電化製品 (テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、パソコン本体、ディスプレイを除く)

南部クリーンセンターに搬入できないごみ

  次のものは、搬入できません。業者等に処理を依頼してください。

 

1 建築廃材

  材木・丸太(直径15センチ以上、長さ50センチ以上のもの)、かすがい等建築金物類、物置、ドア・タイル、コンクリート、ブロック、断熱材・ラスボード、石、泥、砂利など

2 事業活動に伴い排出された廃棄物

  廃プラスチック、ビニール、金属類など

3 塗料、廃油(重油、灯油など)、機械油等の液体

4 消火器、ガスボンベ、ドラム缶、など

5 バイク・車の部品やモーターの付いたミシン、タイヤ、農機具類など

6 オルガン、ピアノ、エレクトーン、金庫など

7 浴槽、給排水装置・設備器具、トイレ器具、ポンプなど

8 テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、パソコンなど

9 医療廃棄物など

10 危険物(薬品類、発火物、爆発物)と思われるもの

11 スプリング入りマットレス

 

 ※  上記のほか、南部クリーンセンターで通常、受入れしていない品目は持ち込みできません。  

手続き

下記書類に必要事項を記入のうえ、消防署発行の罹災証明を添付し、ご提出ください。

pdf 一般廃棄物処理手数料減免申請書 [PDFファイル/44KB]

※手続きに1週間程度を要します。

搬入手数料

減免

注意事項

事業所は、対象外です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)