ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 契約検査課 > 主任技術者等と現場代理人の配置について

主任技術者等と現場代理人の配置について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月8日更新

主任技術者等と現場代理人の配置について掲載します。

※主任技術者等とは主任技術者又は監理技術者のこと

 1.主任技術者等の資格 

建設業法及び関係規則等の規定に基づき、業種に対応した資格を有する技術者を配置すること。(下表のとおり)

 2.主任技術者等の現場専任

請負代金額3,500万円以上(建築一式工事の場合は7,000万円以上)の工事は主任技術者等を専任配置すること。

 3.監理技術者の配置 

下請金額合計4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の場合は監理技術者を配置すること。

 4.現場代理人の配置

現場代理人については、足利市工事請負契約約款(以下、「約款」という。)第11条の規定により工事現場に常駐するよう義務付けていますが、平成23年4月1日以降に公告又は指名・見積通知する工事から、本約款を改正し一部工事について常駐義務を緩和し、他工事との兼任を認めることとします。

※平成28年6月に改正しました。 

詳しくは、 「現場代理人の常駐緩和措置について」をご覧ください。

主な建設工事の業種と技術職員資格の対応表

主な建設業の許可業種 主任技術者等資格の例示
土木一式工事1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(土木)
1級又は2級建設機械施工技士
10年以上の実務経験
建築一式工事1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(建築)
1級又は2級建築士
10年以上の実務経験
とび・土工・コンクリート工事1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(土木)
1級又は2級建設機械施工技士
1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(躯体)
10年以上の実務経験
屋根工事1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(仕上げ)
1級又は2級建築士
10年以上の実務経験
電気工事1級又は2級電気工事施工管理技士
10年以上の実務経験
管工事1級又は2級管工事施工管理技士
10年以上の実務経験
鋼構造物工事1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(土木)
1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(躯体)
10年以上の実務経験
ほ装工事1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(土木)
1級又は2級建設機械施工技士
10年以上の実務経験
しゅんせつ工事

1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(土木)
10年以上の実務経験

塗装工事1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士(鋼構造物塗装)
1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(仕上げ)
10年以上の実務経験
防水工事1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(仕上げ)
10年以上の実務経験
機械器具設置工事技術士(機械部門)
10年以上の実務経験
電気通信工事技術士(電気・電子部門)
10年以上の実務経験
造園工事1級又は2級造園施工管理技士
10年以上の実務経験