ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 児童家庭課 > あしかがファミリー・サポート・センター(援助依頼の方法)

あしかがファミリー・サポート・センター(援助依頼の方法)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月28日更新

援助依頼の方法

(1) 依頼会員は、援助をお願いしたい日、時間が決まったらセンターに電話等で依頼の内容を伝えます(依頼の電話は1か月前から1週間前まで)。

(2) センターのアドバイザーは、依頼内容に合った援助ができる協力会員を探し、連絡をします。

(3) 協力会員が決まったら、アドバイザーは依頼会員に協力会員を紹介し、事前打ち合わせをするよう話します。

(4) 依頼会員は協力会員に連絡して事前打ち合わせの日時を決めます(すぐに利用しなくても紹介を受けたら、なるべく早く協力会員に連絡しましょう)。

(5) 依頼会員はお子さんを連れて、協力会員宅で事前打ち合わせをします。事前打ち合わせは、援助時間などを決めるだけではなく、お互いを理解し、親しくなるために行います。特に子どもが協力会員に慣れることが大切です。
  お互いに充分話し合いましょう。事前打ち合わせで話し合ったことは、「事前打ち合わせ内容票」に記入し、お互いで保管します。

(6) 協力会員は、話し合った内容を電話等でアドバイザーへ報告します。

  (援助活動の実施)

(7) 実際に援助活動が終わったら、協力会員は「援助活動報告書」を作成します。依頼会員はその内容を確認してから、協力会員に直接報酬等を支払います。

(8) 協力会員は、1か月の「援助活動報告書」をまとめ、翌月10日までにセンター事務局へ提出します。

センターからのお願い

センターへの依頼は、原則として、援助希望日の1か月前から1週間前までのものを受け付けます。
依頼した日から活動の日まで日時が少ない場合、協力会員の調整がつかないことがありますので、依頼の申し込みはできるだけ早めにお願いします。