ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 道路河川保全課 > 道路損傷等による危険箇所の情報提供協力に関する協定を結びました

道路損傷等による危険箇所の情報提供協力に関する協定を結びました

印刷用ページを表示する掲載日:2014年5月21日更新

協力の背景

 道路施設に起因する事故防止対策には、早期に道路損傷等の危険箇所を把握しなくてはなりません。
 そこで、市民力を活用した事故防止対策として、日々市内道路を利用し業務を行っている企業の方々に危険箇所の情報提供の協力を依頼し、覚書・協定の締結を行いました。

依頼先

・足利新聞組合

・足利ハイヤー運営委員会

・足利郵便局

・(株)エコシティーサービス(水道料徴収業務受託会社)

・東京電力(株)

 ・両毛ヤクルト販売(株)

情報提供の内容

道路上の陥没・穴ぼこ等の道路損傷、倒木、土砂崩落・流出、落石、その他通行に対して危険があると思われるもの。

今後の予定

今後、足利市では情報提供の協力をしていただける企業の方を随時募集していきたいと考えております。ご協力頂ける企業の方は道路河川保全課までご連絡をお願いいたします。