ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンが始まります!

「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンが始まります!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月20日更新

2018年春、「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンが始まります!

「本物の出会い 栃木」ロゴ 

デスティネーションキャンペーン(DC)とは?

 デスティネーションキャンペーン(略称DC)とは、JRグループ6社(北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州)と地域(地方公共団体・住民・企業など)が協働で取り組む国内最大規模の観光キャンペーンです。

 開催地全体で観光資源の「掘り起こし」と「磨き上げ」を行い、集中的な広告宣伝やプロモーション活動などによって全国から観光誘客を図り、地域の活性化に資することを目的としています。

 栃木県での開催は、1999年4月から6月に「やすらぎの栃木路」というテーマで開催して以来、19年ぶりになります。

 DCで地域を盛り上げ、観光誘客を促進するためには、官民一体となって観光を盛り上げ、観光客受入体制の整備や充実を図る必要があります。

 足利市においても、自治体、事業者、住民等の地域が一丸となってオール足利で観光誘客を推進してまいります。 

 今後の栃木県全体での取り組み等については、下記の資料をご覧ください。

 「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンに向けて [PDFファイル/1.29MB]

 「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会 基本方針 [PDFファイル/314KB]

栃木県観光キャッチコピー

「本物の出会い 栃木」キャッチコピー

 このキャッチコピーは、これまでもこれからも変わらぬ、栃木県の強い思いを表しています。

 こんなに都会に近いのに、豊かな自然、そして、食、歴史・文化など「本当にいいもの、いいこと(=本物)」が溢れている栃木県。

 それは、「本物」を守り、そして、「本物」を創り出し続ける素晴らしい「人」たちがいるから。

 栃木県の魅力とは、様々なところで「本物」や「人」との出会いを通じて、感動、共感できること。

 その出会いこそが「本物の出会い」である。

 ぜひ、たくさんの人に、何度も栃木県を訪れて、ここにしかない体験を積み重ね、その人ならではの「本物の出会い」を見つけてほしいというメッセージが込められています。

 (キャッチコピーの詳細は、栃木県ホームページ(別ウィンドウで開きます。)をご覧ください)

開催時期

栃木デスティネーションキャンペーン開催時期
2017年4月1日(土曜日)から6月30日(金曜日)プレデスティネーションキャンペーン   (プレDC)
2018年4月1日(日曜日)から6月30日(土曜日)デスティネーションキャンペーン      (本DC)
2019年4月1日(月曜日)から6月30日(日曜日)アフターデスティネーションキャンペーン(アフターDC)

今後の展開

 ・オール足利体制でDCを推進するための組織を設置します。

 ・DC開催に先立ち、DCについて理解を深めていただけるよう情報発信に努めます。

 DC開催を足利市を盛り上げる機会とするためには、地域全体で取り組むことが不可欠です。

 道に迷っている観光客を見過ごさない、困っている人を見過ごさない。

 地域と一体となって魅力を発信して、足利を素通りされないまちにする。

 今後も、魅力あるまちを目指してまいりますので、 ぜひお問い合わせフォーム等により、皆様の熱意や知恵をお気軽にお寄せください。 

 素通り禁止!足利 バナー

 ( 「素通り禁止!足利」については足利シティプロモーションプロジェクトをご覧ください)

足利市におけるデスティネーションキャンペーン推進体制について

 足利市では、下記の組織を設置して地域一体となり、オール足利でDCの推進に取り組んでまいります。

 ・足利市デスティネーションキャンペーン庁内検討会議(2017年1月30日設置) 

  足利市役所内のDC開催にかかる関係課を構成員とする組織です。

 ・足利市デスティネーションキャンペーン連絡協議会(2017年2月17日設置)

  足利市内の各種団体から推薦された委員を構成員とする組織です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)