ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > 平成20年度のごみの排出量

平成20年度のごみの排出量

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月28日更新

平成20年度のごみの排出量

 平成20年度のごみの総排出量は、65,228トンで、前年度に比べて、8,516トン(11.5パーセント)の減少となりました。

ごみの総排出量と1人1日当たり排出量の推移グラフ

 燃やせるごみの排出量(家庭系+事業系+粗大ごみ可燃分の計)は、53,328トンで、前年度に比べて8,431トン(13.7パーセント)の減少となりました。平成20年度の燃やせるごみの目標値に対して、約3,000トン下回っています。

燃やせるごみの減量目標と実績グラフ

燃やせるごみと資源物(古紙類)の月別排出量

 平成20年4月から平成21年3月末までの燃やせるごみの排出量は、53,328トンで、前年度と比較し、13.7パーセントの減少となりました。
 このうち、家庭系の燃やせるごみの排出量は、32,827トンで前年度と比較し、19.3パーセントの減少となりました。
 また、資源物(古紙類)の収集量は、2,656トンで、前年度と比較し、24.1パーセント増加し、紙類の分別が推進されています。

家庭系の燃やせるごみの排出量(ごみステーション収集分)グラフ

事業系の燃やせるごみの排出量グラフ

資源物収集量(古紙類)グラフ

燃やせるごみの排出量(家庭・事業の計)グラフ