ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権・男女共同参画課 > 足利市男女共同参画基本計画(案)のパブリック・コメント結果

足利市男女共同参画基本計画(案)のパブリック・コメント結果

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月14日更新

足利市男女共同参画基本計画(案)のパブリック・コメント結果

 市は、「女(ひと)と男(ひと)の輝きプラン21あしかが-足利市男女共同参画基本計画」に基づいて、男女共同参画についての施策を総合的に進めています。
 計画期間が今年度で終了することから、新たな基本計画を策定するに当たって、市民のみなさまから意見をお伺いするため、計画(案)のパブリック・コメントを実施しましたので、その結果を公表いたします。

募集期間

 22年11月1日(月曜日)~11月19日(金曜日)

意見の件数(人数)

 2件(1人)

意見に対する市の考え方

 お寄せいただいたご意見は、今後の男女共同参画行政の参考とし、計画の内容については(案)のとおりとします。
1「計画の基本的考え方」について
番号意見の概要回  答

・女性がこれまでどの様な立場に置かれてきたか、特に近代以降に新たにつくられた「伝統」にいかに縛られているか等々、計画の基本的な考え方の中にこうした視点が抜け落ちていると思います。前文で苦しんできた女性の声を強調するべきではないですか。 また、計画の中に、「ジェンダー」という文言が全く出てこないのも不自然に感じました。

・この計画は、男女が互いに人権を尊重し、責任を分かち合い、その個性と能力を十分に発揮できる男女共同参画社会の形成の推進を目的としています。これまでの女性行政を踏まえ、男女両性を対象として策定します。そこで、基本的考え方については、(案)のとおりとします。

 なお、「ジェンダー」については、文言の記述は特にありませんが、この計画が「ジェンダー」に基づく女性差別の解消を目的の一つとしていることを申し添えます。
2「施策の方向」について
番号意見の概要回  答

・これまで女性がどの様な立場に置かれ、どのように発言し、行動をおこしてきたかを知ることが重要と考えます。足利における女性史研究、地域における女性史研究、地域における調査を進める必要があると思います。

・副主幹以上の女性の登用を増やすよう働きかけるとあるが、具体的なポストや人数の記載が必要だと思います。 

 また、採用の過程で女性を増やすことを明言する必要があると思います。

・計画の基本的考え方は、先にお答えしたとおりです。 

 したがって、足利市における女性史の研究等を進めることについては、予定しておりませんので、ご理解いただきたいと思います。

・この計画は基本的な施策の方向性等を示したもので、副主幹以上の女性の登用に関する具体的なポストや人数については、記載しておりません。 

 また、採用の過程で女性の枠を増やすことは、性別による区分を設けることになり、男女平等の観点から難しいものと考えます。

基本計画

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)