ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民生活課 > 市民生活ガイド/Civil Life Guide/市民生活指南

市民生活ガイド/Civil Life Guide/市民生活指南

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月1日更新

 このガイドは、外国人の皆さんが足利市で日常生活を送るために必要な情報を掲載しています。
 皆さんが一日も早く日本の生活に慣れ、楽しく過ごされることを願っています。

 

 選んだ言語で自動翻訳されます。ここに出ていない言語もリンク先で選べます。

 英語英語 English  中国語中国語 Chinese  韓国語韓国語 Hangul   スペイン語スペイン語 Espanol  ポルトガル語ポルトガル語 Portugues  タガログ語タガログ語 Tagalog  ベトナム語ベトナム語Vietnamese  シンハラ語シンハラ語Sinhala  タミル語タミル語 Tamil

目次

はじめに

  1. 足利市の概要

緊急のときには・・・

  1. 警察(110番)
  2. 交通事故
  3. 火事と救急車(119番)
  4. 地震
  5. 台風

通信

  1. 電話
  2. 郵便
  3. 情報収集

公共サービス(定住する場合)

  1. 水道
  2. 電気
  3. ガス
  4. 銀行
  5. 公共料金の支払い

生活ガイド

  1. 外国人相談
  2. 多言語版あしかがみ
  3. 足利市国際交流協会
  4. 住居地の届け出など
  5. 在留資格・在留期間の問い合わせ先
  6. 市営住宅への入居
  7. 消費生活センター
  8. 斎場
  9. ごみの出し方
  10. 子育て・教育
  11. 健康
  12. 保険・福祉
  13. 税金

足利市の見所

  1. 足利市の見所紹介

主な公共施設など

  1. 主な公共施設と連絡先

 

本編

はじめに

1.足利市の概要

 足利市は、渡良瀬川や緑の山々などの豊かな自然に恵まれています。また、足利学校や鑁阿寺に象徴される古い歴史と文化を受け継ぐまちです。
 昔から織物のまちとして知られていますが、近年はアルミや機械金属、プラスチック工業などを中心に、総合的な商工業都市となっています。
 東京から北へ約80キロメートルの位置にあり、東は佐野市、西は群馬県桐生市、南は群馬県太田市・館林市・邑楽郡に接しています。
 人口は約143,000人、面積は約178平方キロメートルです。
 姉妹都市を鎌倉市とアメリカ・スプリングフィールド市、友好都市を中国・済寧市と結んでいます。

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

緊急のときには・・・

1.警察(110番)

 犯罪から自分や家族を守るためには、以下のようなことに注意することが大切です。
○鍵を2個以上かける。
○夜間は明るい道を選ぶ。
○車の中には荷物を置いたままにしない。

 

 もし…
・何かを盗まれたり、暴力をふるわれたら
・倒れている人を見つけたら
・交通事故にあったら、巻き込まれたら
 すぐに「110番」に電話してください。

 

 「110番」に電話をしたら…
 最初に、「いつ」、「どこで」、「何があったか」を話してください。
(「110番」は栃木県警察本部通信指令課の警察官につながり、何があったかを聞きます。落ち着いて答えてください。)
 ※各地域には交番があり、警察官がいます。交番では地域のパトロール、迷子の保護、落とし物の処理などもしています。
   また、道を聞きたいときは、交番で教えてくれます。緊急でないときは、近くの交番に連絡してください。
 ※緊急でない悩みごと、心配ごとなどは、相談の電話「#9110」に電話してください。

 

【お問い合わせ】

 足利警察署  
   電話番号:0284-43-0110
   ホームページ:http://www.pref.tochigi.lg.jp/keisatu/hiroba/asikaga/ (外部リンク)   

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

2.交通事故

◆交通事故にあったときは…

 事故を起こしたり、巻き込まれたりした時は、以下のように行動してください。
1.警察(110番)に連絡してください。
2.負傷者がいる場合、消防署(119番)に連絡して救急車を呼んでください。
3.相手側の車のナンバー、氏名・住所・生年月日・連絡先などを確認してください。
4.事故現場の見取り図、事故の経過などのメモを作成し、可能であれば写真を撮ってください。
5.ケガをした場合は、必ず医者へ行ってください。そのときは、必ず交通事故にあったことを伝えてください。
6.加入している保険会社に、できるだけ早く連絡してください。

 

◆交通規則

 日本では、車や自転車は道の左側を走ります。歩くときは、道の右側を歩きます。
  他にも、道路交通に関する様々なルールがあります。
  以下のことには特に気をつけてください。

 

 自動車・バイク・自転車の運転

 〇自動車、バイクの運転
  日本で自動車やバイクを運転するためには、必ず運転免許が必要です。

 〇運転免許証について
  自国の運転免許証では、日本で車を運転することができません。
  有効な国際運転免許証を取得するか、日本の運転免許証を取得してください。 

 〇飲酒運転の禁止
  飲酒運転による死亡事故、重大事故が発生しています。
  お酒を飲んだ後は、絶対に運転してはいけません。

 〇スピード違反の禁止
  決められたスピードを守って、スピードの出しすぎに気をつけましょう。

 〇シートベルト・チャイルドシートの着用
  四輪車に乗るときは、すべての座席で、必ずシートベルト・チャイルドシートを着用しましょう。

 〇バイクを運転するときは、ヘルメットを着用
  バイクを運転するときは、ヘルメットの着用が義務になっています。

 〇自転車に乗るときは、ヘルメットを着用
  怪我をしないために、乗用車ヘルメットをかぶりましょう。
  保護者は、未成年者が自転車を利用するときは、乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。

 〇自転車保険の加入
  自転車に乗る人は、自転車保険に入らなくてはなりません。
  また、保護者は、未成年者が自転車を利用するときは、自転車保険に入らなければなりません。

 〇自転車の点検整備
  自転車の点検及び整備(自転車の本体やブレーキ、ライト等)をしましょう。
  保護者は、未成年者が利用する自転車について、必要な点検及び整備(自転車の本体やブレーキ、ライト等)を行いましょう。

 〇交差点に注意する
  信号や標識をしっかり守り、交差点では特に注意して運転しましょう。

 〇雪道での自動車の運転
  車を運転するときは、スリップ防止のため、必ずスタッドレスタイヤなどの冬のタイヤに取り替えて、スピードを落としましょう。 

 〇交通事故は必ず通報
  ケガをしていない場合、車・バイク・自転車が壊れていない場合でも必ず警察に通報してください。(110番)

 

【お問い合わせ】

 足利警察署
   電話番号:0284-43-0110
   ホームページ:http://www.pref.tochigi.lg.jp/keisatu/hiroba/asikaga/ (外部リンク)   

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

3.火事と救急車(119番)

 火事が起きたとき、急病・大けがのとき、救助が必要なときは「119番」に電話してください。

火事と救急車(119番)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

4.地震

 日本は地震が多い国です。地震のときにとる行動を確認しましょう。

地震が起きたとき(やさしい日本語)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

5.台風

 日本では台風がよく発生します。台風のときにとる行動を確認しましょう。

台風がきたとき(やさしい日本語)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

通信

1.電話

◆新しい電話を使い始める場合

 局番なしの「116番」(無料)に申し込みをしてください。
 申し込みには、名前・住所を確認する「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。

 

【申し込み・お問い合わせ】

 NTT東日本  
   電話番号:116(局番なし)
        0120-116-000(携帯電話・PHSから電話するとき)
   受付時間:午前9時~午後5時 
        土日・祝日も営業(年末年始は除きます)
   ホームページ:http://web116.jp (外部リンク)

 

【お知らせ】

 2024年1月以降、電話を提供するNTT東日本の局内設備が新しくなります。設備が新しくなった後も、手続き不要で、「固定電話(通話)」、今使っている電話機などは使えますので安心してください。また、設備が新しくなることを使って悪徳な販売行為があります。注意してください。

 

◆電話のかけ方

 〇国内電話
  足利市外から市内へかけるときは、「0284」の市外局番を最初にダイヤルしてください。
 市内から市外へ電話するときは、市外局番は必要ありません。

 

 〇公衆電話
  公衆電話は街の中、駅、お店などにあります。
 グリーンとグレーの公衆電話は、テレホンカード、または硬貨(10円、100円)で使えます。
 100円硬貨を使ったときは、お釣りは出ません。国際電話もできる公衆電話があります。

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

2.郵便

◆郵便局

 足利市には、27の郵便局があります。
 国内、国際郵便の両方を郵便局から送ることができます。

郵便局窓口営業時間(郵便関係)
営業時間足利局その他の局足利局 ゆうゆう窓口
月曜日~金曜日午前9時~午後7時午前9時~午後5時午前8時~午後7時
土曜日午前9時~午後3時休み午前8時~午後6時
日曜日・祝日休み休み午前9時~午後3時

※足利局のゆうゆう窓口では、日曜日・祝日も郵便の取り扱いをしています。

 

◆国内郵便

 〇手紙
  普通のはがき、手紙を日本全国に送ることができます。料金は、手紙の大きさ、重さにより変わります。
 郵便物に宛先、差出人の住所・名前などを書いてポストに入れるか、郵便局の窓口に持ってきてください。

 

 〇小包
  日本国内に品物を送ることができます。大きさは、縦・横・高さの合計が1.7メートル以内で、
 重さは30キログラムまでです。郵便局にある小包ラベルに、宛先、差出人の住所・名前などを書いて、
 料金を支払ってください。

 

◆国際郵便

 〇手紙
  国際郵便には航空便と船便があります。料金は大きさ、重さ、送り先によって決まります。
 世界各国に送ることができます。

 

 〇国際小包
  航空便、エコノミー航空(SAL)便、船便があります。料金や送ることのできる大きさは送り先によって決まります。
 航空便は船便より料金が高いですが早く届きます。船便は航空便より料金が低いですが、届くまで日数がかかります。
 郵便局にあるラベルに宛先、差出人の住所・名前などを書いて、料金を支払ってください。
  エコノミー航空(SAL)便は、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の感染拡大の影響で、すべての国宛てで取り扱いを休止しております。また、航空便及び船便についてもお届けまでに通常より日数がかかる場合があります。
  また、宛先の国によっては通関電子データの提出が必要な国があります。詳しくは郵便局窓口へお問い合わせください。

 

 〇EMS(国際スピード郵便)
  国際郵便の中で、最も早い取り扱いで、手紙や品物を送ることができます。
 料金や送ることのできる大きさは送り先によって決まります。郵便局にあるラベルに宛先、差出人の住所・名前などを
 書いて、料金を支払ってください。
  新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の感染拡大の影響で、お届けまでに通常より日数がかかる場合があります。
  宛先の国によっては通関電子データの提出が必要な国があります。詳しくは郵便局窓口へお問い合わせください。

 

【お問い合わせ】

 足利郵便局
   電話番号:0284-42-7675
   ホームページ:https://www.post.japanpost.jp/index.html (外部リンク)   

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

3.情報収集

 毎日の生活に欠かせない情報収集は、テレビ、ラジオ、新聞、インターネットを活用しましょう。

 

◆テレビとラジオ

 日本には、視聴者から受信料を集めるNHK、企業からCM料金を集める民間放送、加入者から視聴料を集める有料放送という3種類の放送局があります。
 テレビを持っている人は、NHKの受信料を払うことが法律で決められています。
 ラジオの放送を聴くときは、ラジオの再生機器(CDラジカセやポータブル音楽プレイヤーなど)またはインターネットやラジオ再生アプリを使います。
 NHKラジオ第2では、外国語ニュースの番組があります。また、災害時には多言語による情報提供があります。

 

◆新聞

 一般新聞には、大手の全国紙と、ひとつの県単位で発行される地域密着の地方紙があります。これらの新聞は販売店からの配達による月極め販売と、駅の売店やコンビニエンスストアなどで一部ずつ売られる販売があります。

 

◆インターネット

 インターネットは、会社や家庭のパソコンで利用するだけでなく、「インターネットカフェと呼ばれる店でも利用できます。携帯電話・スマートフォン・タブレット端末などからもインターネットに接続できます。
 インターネットへの接続方法は、FTTH(光ブロードバンド)、CATVインターネット、FWA(無線)などによる高速・大容量伝送インターネットアクセスが中心となっています。
 ウェブサイトを見たり、メールの送受信をするには、何らかのプロバイダーに入る必要があります。プロバイダーの会社はそれぞれ料金を設定しているので、自分にもっとも合う会社を選んでください。
 プロバイダーに申し込むときは、身分証などが必要です。申し込みをしてから1週間から2週間ぐらいで使えるようになります。携帯電話の申し込みで一緒に契約できるものもあります。
 また、公共施設やカフェ、コンビニエンスストアなどWi-Fi(無線LAN)が利用できる場所もあります。

 

電話、電器店の申し込み窓口、WEBフォームなどで申し込み

 

工事日確定の連絡

 

工事立会後プロバイダー設定して開通

 

利用開始

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

公共サービス(定住する場合)

1.水道

 水道を使い始めるときには手続きが必要です。必要な手続きなどを確認しましょう。

水道を使い始めるときの手続きなど

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

2.電気

 アパートなどに住み始める日が決まったら、電気を使い始めることを電話かインターネットで電力会社へ連絡して、申し込みの手続きをしてください。
 電気を使い始めるときは、部屋にあるブレーカーのスイッチをONにしてください。
 他の場所に引っ越しをするときも、電気を使わなくなる日が決まったら、電気を使わなくなることを電話かインターネットで電力会社へ連絡して、手続きをしてください。

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

3.ガス

 新しくアパートなどに住み始めるときは、住み始める2・3日前までに、足利ガスまたはプロパンガス取扱業者に次のことについて、必ず知らせてください。

1.名前、住所、住み始めるアパートの名前、部屋番号、連絡先など
2.新しくアパートなどに住み始める予定の日かガスを使い始める日

 ガス取扱業者が訪問し、ガスの設備点検やお手持ちのガス機器が使用できるかを検査します。このときには、必ず本人か立会人が立ち会い、印鑑を用意するかサインをしてください。

 引っ越すときは、引っ越す2・3日前までにガス取扱業者に連絡し、必ず本人か立会人が立ち会い、料金を精算してください。

※ガス臭いと感じたら、すぐにガス栓、ガスメーターガス栓を閉め、窓を開けて換気してください。
 家の中で火は絶対に使わないでください。また、ガス取扱業者へ連絡してください。

 

【お問い合わせ】

〈都市ガス・プロパンガス〉
 
足利ガス株式会社
   電話番号:0120-41-7192
   または 電話番号:0284-41-7191
   ホームページ:http://www.ashikagagas.co.jp/ (外部リンク) 

〈プロパンガス〉
 
お近くのプロパンガス取扱業者へ

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

4.銀行

◆口座開設

 口座開設の手続きは、銀行によって必要なものが変わります。口座を作りたい銀行に必要なものを聞いてください。
 多くの銀行では、本人確認ができるもの(在留カード、パスポート、運転免許証など)、住んでいる場所を確認できるもの、印鑑が必要です。
 公認の外国為替取扱銀行で、外貨の両替や海外への送金もできます。

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

5.公共料金の支払い

 水道などを使った分の請求書が各会社から届きます。国内電話、電気は毎月1回、水道は2ヶ月に1回届きます。近くの金融機関、各公共事業会社の窓口、コンビニエンスストアなどでお金を払ってください。
 毎月、使用料金が自動的に銀行口座から各会社へ振り込まれるように自動口座振替ができます。自動口座振替にするときは、手続きが必要です。銀行か各会社へ連絡してください。
 引っ越しするときは、各会社に必ず連絡してください。連絡をしないと料金が請求され続けることになります。

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

生活ガイド

1.外国人相談

 生活していて、困っていること、心配なことがあるときに相談できるところがあります。

外国人のための無料在留資格相談

 

とちぎ外国人相談サポートセンター(外部リンク)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

2.多言語版あしかがみ

 足利市広報紙”あしかがみ”から記事を抜き出して、「多言語版あしかがみ」を作成しています。
 月2回発行しています。

多言語版あしかがみ

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

3.足利市国際交流協会

 足利市国際交流協会では、市民一人ひとりが自ら考え、行動する国際交流を目指し、活動しています。あなたも会員になりアイデアを生かしてみませんか。
 また、日本人や外国人のみなさんとお友達になり、交流できる場になっています。

 

◆日本語講座

 足利市国際交流協会では1年をとおして、外国人のみなさんにボランティアの日本人講師が日本語を教えています。
 詳しくは足利市国際交流協会ホームページ(外部リンク)を確認してください。

 

【お問い合わせ】

 足利市国際交流協会事務局(足利市生涯学習センター2階) 
   電話番号:0284-43-2412
   メールアドレス:info@ashikaga-inter.jp
   ホームページ:http://www.ashikaga-inter.jp/ (外部リンク) 

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

4.住居地の届け出など

 住居地の届出などは、期間内に市役所の窓口で行ってください。
 市役所へ来たときは、総合案内で番号札を取ってお待ちください。

住民登録

転入(他市町村から足利市へ引っ越し)

転居(足利市内での引っ越し)

転出(足利市から他市町村へ引っ越し)

結婚、離婚、出生、死亡

 注意:平成24年7月9日から法律の改正により外国人登録制度は廃止されました。
    在留カードの交付は入国管理局に本人が直接申請してください。
   (特別永住者証明書は市役所市民課で申請を受け付します。)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

5.在留資格・在留期間の問い合わせ先

 〇東京出入国在留管理局
  東京都港区港南5-5-30
  電話番号:0570-034259

 

 〇東京出入国在留管理局 宇都宮出張所
  栃木県宇都宮市小幡2-1-11 宇都宮法務総合庁舎1階
  電話番号:028-600-7750

 

 〇東京出入国在留管理局 さいたま出張所
  埼玉県さいたま市中央区下落合5-12-1 さいたま第2法務総合庁舎1階
  電話番号:048-851-9671

 

 〇東京出入国在留管理局 高崎出張所
  群馬県高崎市高松町26-5 高崎法務総合庁舎1階
  電話番号:027-328-1154

 詳しくは、出入国在留管理庁(外部リンク)を確認してください。

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

6.市営住宅への入居

 市営住宅は、住む家に困っている方のために、周辺の民間賃貸住宅に比べて安い家賃で借りられます。

市営住宅申し込みについて (外部リンク)

 

【お問い合わせ】

 足利市営住宅等管理事務所おりひめプラザ(足利織物会館1階)
   電話番号:0284-64-8725
   ホームページ:http://www.areu.jp/orihime/(外部リンク)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

7.消費生活センター

 消費生活センターでは、商品・サービスの契約トラブルなどの苦情・相談を受け付けています。
 また、消費生活に関する情報の提供をしています。

契約やサービス等でお困りの際は、消費生活センターにご相談ください

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

 8.斎場

 斎場は、葬儀を行う場所です。
 火葬室・式場・待合室・売店などがあります。

足利市斎場について

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

9.ごみの出し方

 ごみを出すときのルールがあります。
 ルールを確認して、守りましょう。

ごみの出し方

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

10.子育て・教育

 【日本の教育制度】 

日本の教育制度は、小学校6年間、中学校3年間、高校3年間、大学4年間です(学校は4月に始まり、次の年の3月に終わります。)
 小学校には6歳で入学し、小学校、中学校の9年間は義務教育となります。
 高校、大学等は義務ではなく試験を受けて入学します。
 高校、大学等は授業料、教科書代などが必要です。

保育所・保育園、幼稚園、認定こども園など

◆小・中学校

放課後児童クラブ(学童クラブ)

こども館

子育て支援センター

子育て世代包括支援センター

母子健康手帳

ハローベビークラス(母親学級・両親学級)

こんにちは赤ちゃん訪問事業

乳幼児健康診査

奨学金貸与制度

公民館

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

11.健康

 健康づくりのために、検診を受けたり相談したりしましょう。

予防接種

特定健康診査

特定保健指導

がん検診

歯周疾患検診

救急医療(休日・夜間診療)、救急電話相談など

新型コロナウイルス感染症電話相談 (外部リンク)

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

12.保険・福祉

 【日本の健康保険制度】

 日本では、日本国内に住所のあるすべての人が公的医療保険に加入する「国民皆保険制度」を採用しています。
この制度は、ふだんから収入に応じて保険料(保険税)を納入することにより、病気やけがをしたときの医療費用の負担を軽くする相互扶助の考えに基づくものです。

 公的医療保険には、職場の「社会保険(健康保険)」、高齢者が加入する「後期高齢者医療制度」、市町村などが運営する「国民健康保険」があります。

 社会保険や後期高齢者医療制度に加入している人以外は、すべての人が国民健康保険に加入します。
外国の医療保険は日本では使えません。

国民健康保険

高齢者の医療保険

◆医療費助成

 〇こども医療費助成制度

 〇妊産婦医療費助成制度

 〇ひとり親家庭医療費助成制度

 〇重度心身障害者医療費助成制度

国民年金

介護保険

 〇介護サービスの利用方法

◆社会福祉

 民生委員・児童委員

 〇生活保護

 〇生活困窮者自立支援

 〇児童手当

 〇児童扶養手当

 〇心身に障がいのある方へのサービス
  心身に障がいのある方には、身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳が交付され、
 さまざまなサービスが受けられます。

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

 13.税金

  大きく分けると日本には2種類の税金があります。国で課税する国税と都道府県・市町村で課税する地方税です。
  国税には、所得税や贈与税などの直接税、消費税や酒税、自動車重量税などの間接税があります。
  地方税は、地域社会をより良くするための費用に充てられるもので、主なものに次の税があります。

個人市民税・個人県民税

国民健康保険税

固定資産税・都市計画税

軽自動車税(種別割)

税金を納める場所

市税などの口座振替制度(税金を納める便利な方法)

税金を納めない場合の対応

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

足利市の見所

1.足利市の見所紹介

 足利市の見所を紹介します。

足利学校

鑁阿寺

行道山浄因寺

足利織姫神社

あしかがフラワーパーク

栗田美術館

 

 市民生活ガイドブック ページトップへ

 

主な公共施設など

1.主な公共施設と連絡先

市内の主な施設
 
 施設電話番号
市役所0284-20-2222
市民プラザ0284-41-2655
史跡足利学校0284-41-2655
市立美術館0284-43-3131
太平記館0284-43-3000
まちなか遊学館0284-41-8201
市立図書館0284-41-8881
市民体育館0284-43-0536
市民武道館0284-41-1851
10総合運動場
(運動場管理事務所)
0284-41-3963
11中央消防署0284-41-3194
12総合福祉センター0284-44-0322
13地場産センター0284-71-1141
14消費生活センター0284-73-1210
15斎場0284-41-3462
16南部クリーンセンター0284-72-5300
17保健センター0284-22-4511
18安足健康福祉センター0284-41-5900
19足利税務署 0284-41-3151
20足利郵便局0570-943-715
21足利労働基準監督署0284-41-1188
22足利公共職業安定所0284-41-3178
23足利警察署0284-43-0110
24JR足利駅
(JR東日本お問い合わせセンター)
050-2016-1600
25東武足利市駅0284-71-1073
26東京電力エナジーパートナー(株)0120-995-111
27足利ガス(株)0284-41-7191
28足利商工会議所0284-21-1354

 

 公民館など電話番号
織姫公民館0284-21-6144
助戸公民館0284-44-0791
毛野公民館0284-41-2574
山辺公民館0284-71-0628
三重公民館0284-21-9719
山前公民館0284-62-2700
北郷公民館0284-41-5080
名草公民館0284-41-9977
富田公民館0284-91-0002
10矢場川公民館0284-71-2444
11御厨公民館0284-71-0296
12筑波公民館0284-71-2945
13久野公民館0284-71-9028
14梁田公民館0284-71-1872
15三和公民館0284-61-1431
16葉鹿公民館0284-62-1200
17小俣公民館0284-62-0348
18生涯学習センター0284-43-1311

 

市内の主な病院
 
 病院電話番号
足利赤十字病院0284-21-0121
休日夜間急患診療所
(内科・小児科)
0284-20-1556
休日夜間急患診療所
(歯科)
0284-20-1557
今井病院0284-71-0181
鈴木病院0284-21-2854
足利第一病院0284-44-1212
足利中央病院0284-72-8401
本庄記念病院0284-73-1199
皆川病院0284-91-2188
あしかがの森足利病院0284-91-0611
10長崎病院0284-41-2230

 

市内の主な学校
 学校電話番号
足利大学0284-62-0605
足利短期大学0284-21-8242
栃木県立足利高等学校
※2022年4月から栃木県立足利 
 高等学校と栃木県立足利女子
 高等学校が統合
0284-41-3573
栃木県立足利工業高等学校0284-21-1318
栃木県立足利南高等学校0284-72-3118
栃木県立足利清風高等学校0284-62-2011
足利大学附属高等学校0284-71-1285
足利短期大学附属高等学校0284-21-7344
白鴎大学足利高等学校0284-41-0890
10市立第一中学校0284-21-3915
11市立第二中学校0284-41-2158
12市立第三中学校0284-41-3334
13市立毛野中学校0284-91-0905
14市立山辺中学校0284-71-3104
15市立西中学校0284-62-2230
16市立北中学校0284-42-2395
17市立富田中学校0284-91-0403
18市立協和中学校0284-71-1618
19市立愛宕台中学校0284-71-9029
20市立坂西中学校0284-62-0247
21白鴎大学足利中学校0284-42-1131
22市立けやき小学校0284-41-5182
23市立青葉小学校0284-44-0277
24市立東山小学校0284-41-2612
25市立桜小学校0284-41-2608
26市立毛野小学校0284-91-4152
27市立毛野南小学校0284-42-8860
28市立山辺小学校0284-71-1288
29市立南小学校0284-72-2679
30市立三重小学校0284-21-3520
31市立山前小学校0284-62-2135
32市立北郷小学校0284-41-5544
33市立大月小学校0284-41-5542
34市立名草小学校0284-41-9156
35市立富田小学校0284-91-0004
36市立矢場川小学校0284-71-3008
37市立梁田小学校0284-71-0242
38市立久野小学校0284-71-9032
39市立筑波小学校0284-71-2944
40市立御厨小学校0284-71-2303
41市立坂西北小学校0284-62-1002
42市立葉鹿小学校0284-62-0242
43市立小俣小学校0284-62-0245
44栃木県立足利特別支援学校0284-91-1110
45栃木県立足利中央特別支援学校0284-41-1185