ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

三重地区観光協会

印刷用ページを表示する掲載日:2015年6月22日更新

自然環境に恵まれ四季折々の眺望も良くハイカーの心を癒してくれる三重地区内には、足利織姫神社から両崖山、大岩毘沙門天を抜け行道山浄因寺までの魅力あるハイキングコースがあります。

また、三重地区は、国登録である今福浄水場・ポンプ室をはじめ、県指定の瑞泉院の33躯観世音菩薩像、市指定である別名『からくり屋敷』『忍者屋敷』とも呼ばれる浄林寺離れの建物など文化財が豊富です。その中でも大岩毘沙門天は有名な大絵馬と奉納額をはじめ、県や市の指定文化財、天然記念物が多くあります。

さらに、三重地区は絵馬の宝庫で、水使神社や大手神社の小絵馬、笠原稲荷神社の絵馬、浄林寺薬師堂の絵馬など、特に足利における小絵馬の図柄はほとんどが地区内に集まっています。

大岩毘沙門天の写真

三重地区観光協会では、ハイキングコースの草刈りや清掃作業を実施し、三重地区を訪れる皆さんに喜んで頂ける観光事業の振興に努めていきます。