ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 足利織姫神社奉賛会

足利織姫神社奉賛会

印刷用ページを表示する掲載日:2015年6月22日更新

 足利織姫神社は、市の中央部に位置し、織物の町として栄えた足利市のシンボルとして、産業界や全市民の篤き願望と奉賛により、昭和12年に建立されました。

 市の全産業の守護神として、また縁結びの神社として親しまれ、奉賛会会員は約400の個人・企業・団体で構成され活動をしています。

足利織姫神社の朱色の写真です。

 近年まで、地元の一部の方々から女性の神様がやきもちを妬いて、カップルの仲を裂くと思われていたようですが、当神社は、織師の男の神様と、織姫の女の神様が祀られている「縁結び」の神様でもあります。

 ここ数年はパワースポットとして脚光を浴び、「ひめたま絵馬」を作成したところ、多くの若者の支持を得、これにより、地区観光の一助になれれば幸いと思っております。さらには、「恋人の聖地」や「日本夜景遺産」などにも認定され、ますます注目を浴びています。

 神社境内は、毎月ボランティア清掃で、綺麗な神社が維持され、市民の皆さんに愛される神社を目指しております。