ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化課 > 世界遺産登録推進PR事業

世界遺産登録推進PR事業

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月29日更新

世界遺産登録推進PR事業の実施

事業年度

平成19年度~

平成23年度予算額

1,580千円

事業概要

目的

本市が誇る「足利学校」などの歴史遺産の世界遺産登録をめざし、まずは国内での世界遺産候補になるため、「世界遺産暫定一覧表」追加記載への提案を文化庁に行い、提案後、市民等への理解を高めるための説明会・講演会等の事業を推進してきました。

 現在、「世界遺産暫定一覧表候補の文化遺産」として、引き続き世界文化遺産登録をめざすための啓発事業を継続します。

実施内容

世界遺産登録推進啓発事業
出前説明会
  • 平成19年度(10月~3月)  23回開催(延べ  991名にご説明)
  • 平成20年度( 4月~3月)  47回開催(延べ2,011名にご説明)
  • 平成21年度( 4月~3月)  20回開催(延べ  730名にご説明)
  • 平成22年度( 4月~3月)  19回開催(延べ  502名にご説明)
  • 平成23年度( 4月~6月末現在) 5回開催(延べ  208名にご説明)
特別講演会
  • これまで4回開催(延べ1,400名がご参加)
巡回公演会
  • これまで2回開催(延べ70名がご参加)

ここがすごい

世界遺産登録推進啓発のひとつとして担当職員2名により実施している「出前説明会」では、皆さんのご家庭など市内の隅々までお伺いしています。また、ご都合に合わせ夜間や休日にも実施しており、パワーポイントを使用し、たくさんの画像を交えた分かりやすい説明が好評で、市外からも問い合わせをいただいています。

いち課いち押し事業