ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防本部 > 防災行政無線整備事業に係る事件及び使途不明金等の報告(補填内容追加)

防災行政無線整備事業に係る事件及び使途不明金等の報告(補填内容追加)

印刷用ページを表示する掲載日:2011年12月28日更新

《更新履歴》


1.防災行政無線整備事業に係る事件及び使途不明金等の経過について

 昨年12月に発覚した防災行政無線整備事業に係る私文書偽造・同行使等及び業務上横領の事件につきましては、今年4月18日元職員に判決が言い渡されました。
 しかし、今年2月に警察署に被害申告した消防本部内における使途不明金等4件につきましては、公判で事実が明らかになりませんでした。
 そこで、市としては引き続き警察署への相談や内部調査などを行い、事実解明に取り組んでまいりました。

年月日内容
平成23年
8月5日
足利警察署に捜査の状況を確認する。
8月8日足利警察署から再依頼された資料を提出する。
8月18日契約業者に書面で調査防災行政無線機用マイク(23台分)を依頼する。
(8月25日回答書を受領)
8月26日足利警察署に捜査の状況を確認する。
10月6日当時、管理監督の立場にあった前消防長他5名から
使途不明金等の補填の申し出がある。
10月12日足利警察署に捜査の状況を確認する。

2.使途不明金について

内容金額
現金 3件270,000円
防災行政無線機用マイク(23台分)543,375円
813,375円

3.補填の受け入れについて

■10月6日
 当時の管理監督の立場にあった前消防長他5名から、使途不明金等の4件813,375円を補填する旨の申し出がありました。
 判決から約半年が経ち、事実解明が非常に困難な状況にあることを踏まえ、市としてはこれを受け入れることとしました。

■12月28日
 11月21日以降、前消防長ほか5名より次のとおり補填を受け、対応いたしました。

補填日使途不明金等の名称補填金額等対応状況
11月21日グループ保険の事務手数料80,000円を補填市の歳入予算に繰り入れ
11月21日元団員の退職報償金120,000円を補填元団員の所在が確認できたため、
本人へ12月27日に支給
11月21日市から消防団本部への報償金70,000円を補填消防団本部の歳入予算に繰り入れ
12月26日テンキースピーカーマイク23台を現物で補填平成21年度にマイク交換を予定して
いた防災行政無線機に配備
補填金等の合計現金 270,000円
マイク 23台
 -