ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 広報課 > 足利市ホームページのウェブアクセシビリティ方針を策定しました

足利市ホームページのウェブアクセシビリティ方針を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月4日更新

 足利市ホームページは、年齢、身体の条件あるいは閲覧する環境に関わらず、誰でも支障なく快適に利用できるように、アクセシビリティの維持・向上に努めています。平成28年度中に作成した足利市ホームページの作成ルールであるガイドラインを基に、JIS(日本工業規格)「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ JIS X 8341-3:2016」の達成基準AAへの準拠をめざします。

 

対象範囲

足利市公式ホームページ

(URLがhttp://www.city.ashikaga.tochigi.jp/から始まるページ)全体

 

例外事項

 足利市公式ホームページでは、より多くの情報を提供できるよう、動画やPDFファイル及び地図コンテンツを利用しております。しかしこれらコンテンツについて、現状では情報量および技術的な観点からアクセシビリティ対応が困難なため、達成目標に含めませんが、今後作成するものについて、できるだけHTMLページをあわせて用意するなどの対応に努めます。

 

達成期限及び目標等級

2019年3月31日までに「達成等級AAに準拠する」ことを目標とします。

注記:ウェブアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版」で定められた表記によります。

 

用語解説

  • ウェブアクセシビリティ

    高齢者や障がい者といった、ホームページなどの利用に何らかの制約がある方や利用に不慣れな方を含めて、誰もがホームページなどで提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

  • JIS X 8341-3

    日本工業規格(JIS)で「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」と定められた、ウェブアクセシビリティの配慮方針。「主に高齢者、障害のある人及び一時的な障害のある人がウェブコンテンツを知覚し、理解し、操作できるようにするために、ウェブコンテンツを企画、設計、制作・開発、検証及び保守・運用するときに配慮すべき事項 」の指針として、平成16年6月に制定、平成22年8月、平成28年3月に改正公示されました。