ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校給食課 > 食物アレルギーの対応

食物アレルギーの対応

印刷用ページを表示する掲載日:2015年5月12日更新

食物アレルギーをもつ児童生徒の給食は個別の対応を行っています。

 食物アレルギーは生命の危険にもつながる重大な疾患であることから、「足利市学校給食食物アレルギー対応マニュアル」に沿って症状に応じた学校給食の提供などの対応を行っています。

詳細については学校か教育委員会にご相談ください。

学校給食食物アレルギー対応マニュアル [PDFファイル/10.66MB]

学校生活管理指導表(アレルギー疾患等用)〈報告書〉 [PDFファイル/147KB]

<実施基準> 医師の指示に基づき実施しています。

  • 医師の診断により食物アレルギーが明確であること。
  • 医師の診断による原因食品の除去指示によって、家庭でも除去食を食べていること。

(医師の診断が必要です。病院等を受診して“学校生活管理指導表(報告書)”に記入をしていただき、調査票と一緒に学校へ提出してください。)

 

<対応内容> 次の4種類の対応があります。

  • 【レベル1】 詳細な献立表対応  献立の詳細な内容を保護者と学級担任に提示し、児童生徒が各自除去を行う。
  • 【レベル2】 弁当対応  完全弁当持参や主食(パン)やおかずを持参する一部弁当持参。また、牛乳、デザート、袋物の代替品を提供する
  • 【レベル3】 除去食対応  原因食品を取り除いた給食を提供する。
  • 【レベル4】 代替食対応  原因食品を取り除き、それに代わる食材を補い、給食を提供する。

 

<申請方法>

★新小学1年生 → 就学時健診の通知と一緒に調査表を郵送します。

             就学時健診の際にお子さんが入学される学校へ書類を提出してください。

★在校生 → 随時受付をしています。担任の先生へご相談ください。

         調査票は学校に提出してください。

書類の提出後、調査面談を行いお子さんの様子を伺い、対応方法を保護者、学校、調理場等で検討します。

また、継続申請は毎年行いますので、病院等の定期受診を行いお子さんの状態を確認して申請を行ってください。

詳細については給食担当又は各学校へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)