ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 光回線契約をしている利用者へ アナログ電話への移行勧誘にご注意ください

光回線契約をしている利用者へ アナログ電話への移行勧誘にご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2021年11月22日更新

 

光回線契約を締結している利用者に対するアナログ電話への移行勧誘に関する注意喚起

 

光回線契約を結んでいる利用者に対するアナログ電話への移行(いわゆる「アナログ戻し」)に関する電話勧誘トラブルについての相談が全国的に増えています。

 

〇大手通信会社の名前を出していても、実際は関係のない事業者が勧誘しているケースがあります。勧誘を受けた事業者名をしっかり確認しましょう。

〇知らないうちに、回線の切り替えには必要のないサービスの契約を結んでいるケースもあります。勧誘を受けた際は、費用やサービス内容、解約条件などをよく確認し、必要ないと思ったらきっぱり断りましょう。

〇光回線をアナログ回線に戻す場合には、現在の契約先や回線事業者に問い合わせましょう。

 

アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約に(国民生活センター見守り新鮮情報) [PDFファイル/208KB]

 

 

お困りの際は、足利市消費生活センターまたは消費者ホットラインへ 先ずはお電話にてご相談ください。

足利市消費生活センター
電話 0284-73-1211(相談専用:平日午前9時~午後4時) 

消費者ホットライン
電話 188 

 

 

光回線契約を締結している利用者に対するアナログ電話への移行勧誘に関する注意喚起(総務省)

NTTの名を騙った「アナログ電話への契約変更」を行う事業者に関する注意喚起について(NTT東日本ホームページ)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)