ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民スポーツ課 > 足利市実施競技(内定)

足利市実施競技(内定)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月17日更新

正式競技

 レスリング(全種別) 
 ボウリング(全種別)
 ソフトボール(少年男子)

レスリング(全種別)
マット上で組み合い、相手の両肩を同時にマットにつけること(フォール)やポイントで勝敗を競います。試合時間は3分間2ピリオドで行われ、2ピリオドの合計得点の多い方が勝者となります。
フリースタイルとグレコローマンスタイルの2種目があります。
フリースタイルは、全身を自由に使って戦うスタイルです。
グレコローマンスタイルは、上半身の攻防のみで戦うスタイルです。下半身を使ったり、攻撃すると反則になります。
*栃木国体に向けて「たぬまアスレチッククラブ」において、ジュニアスポーツスクール(レスリング)を開催しています。

ボウリング(全種別) 
約18m先の三角形に並べられた10本のピンをめがけてボールを転がし、1ゲームは10フレームの倒したピンの数を競う競技です。
1投目で10本すべて倒せたら「ストライク」、1投目で倒れず残ったピンを2投目で全て倒すと「スペア」となります。
国体では、団体戦と個人戦があり、予選を行い得点の上位8チーム(8名)が決勝に進出します。決勝では予選の得点を含めた総得点により順位を決定します。

ソフトボール(少年男子)
野球と似たルールで行われる競技ですが、野球に比べてボールが大きく、投手は下手投げで、手と手首が体側線を通過しながらボールを離さなければなりません。出塁者は、投手の手からボールが離れるまで塁を離れることができません。
試合はトーナメント方式で行われ、通常7回戦で行います。日没や降雨などで中止された場合は、5回以上が過ぎれば正式試合となります。7回を終了して同点の場合は、無死二塁から試合を再開し、勝敗が決まるまで試合を続けます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)