ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民生活課 > 平成31(2019)年度実施の足利市「市民力」創出協働事業の委託候補対象事業が決定しました!

平成31(2019)年度実施の足利市「市民力」創出協働事業の委託候補対象事業が決定しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月28日更新

足利市「市民力」創出協働事業

 「市民力」を活かした市民と行政の協働のまちづくりを推進するため、市の施策などにおけるテーマ(課題)に対して、市民団体などの皆さんから企画提案を募集し、市民と行政が協働で事業を行う『足利市「市民力」創出協働事業』を実施しています。
 このたび、平成31(2019)年度に実施する事業として企画提案を募集したところ、新規事業1件と今年度からの継続事業1件の合計2件の企画提案があり、市民活動支援補助金事業等選考委員会で審査選考した結果、次のとおり新規事業1件と継続事業1件の合計2件が委託候補対象事業として決定しました。
 今後は、提案団体と市(テーマ提案課)で具体的な事業の内容、役割分担、スケジュールなどの詳細を協議し、平成31(2019)年度に事業を実施します。

市のテーマ(課題):観光ルートの開発による観光振興事業(新規事業)

提案事業名:山前駅を中心とした「観光ルート開発プロジェクト」

提案団体:山前観光協会
市担当部課:産業観光部 観光振興課

事業概要

 足利と桐生を結ぶ両毛線沿線に位置する山前地区の歴史的遺産を歩いて周回できるルートを開発し、看板と地図を作製して情報発信することで、来訪者に安心して散策してもらう一助とするとともに、地域の遺産の伝承や健康増進の一翼を担うスマートウェルネスの推進も図るものです。

選考委員会 採用理由

 山前駅を中心とした周回モデルルートを設定し、地域に点在する歴史的遺産等を盛り込んだ観光案内看板を設置することにより、地域の強みを生かした着地型観光の確立と両毛線を活用した観光誘客が期待されます。
 山前地区を熟知した地元の観光協会が中心となることで、来訪者へのおもてなしの意識の醸成や地域の賑わいの創出、スマートウェルネス事業への寄与が期待できることから、採用とします。

市のテーマ(課題):渡良瀬川を活用した「河川に親しむ」ための取り組み(継続事業)

提案事業名:わたらせ川で過ごす大人の休日事業

提案団体:わたらせ川利活用研究会
市担当部課:都市建設部 都市計画課

事業概要

 河川敷を利用したくなるような環境整備や美化活動を実施し、集客効果の高いジャズ、キャンプ、バーベキューを組み合わせたイベントを行うことで河川敷での長時間の滞在を促し、より渡良瀬川に親しんでもらうことで渡良瀬川の魅力を再認識し、市民の河川敷利用の向上の一助とするものです。

選考委員会 採用理由

 渡良瀬川の河川敷を利用したくなるような集客効果の高いイベントを他の団体の協賛も得て開催することにより、市内外の人々に渡良瀬川の魅力を感じてもらい、長時間の滞在を促すことが見込まれます。
 1年間の事業の実績や課題を踏まえながら協働事業としての利点を活かすことで、河川の有効活用や河川環境の向上への寄与、渡良瀬川を中心とした地域の活性化も期待できることから、採用とします。