ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人事課 > 先輩職員にインタビュー 【土木】

先輩職員にインタビュー 【土木】

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月16日更新

竹蓋 博之 (平成27年度採用)

仕事風景写真

所属

上下水道部下水道課建設管理担当

現在の担当業務

下水道の設計、施工の監督及び維持管理業務などです。

 

仕事でやりがい・充実感を覚えた出来事は・・

下水道と聞いても道路などと違い、目に見えない土の中に埋まっているものですが、生活していくうえで欠かせないものを作りあげ、その施設の維持管理をしていることにもやりがいを感じています。

自分で設計したものが実際に完成し、市民生活に役立てることを考えると達成感と充実感を感じます。

縁の下の力持ちになった気分です。

仕事風景写真

 

市役所に入庁してみて思うことは?

入庁する前は、下水道課でどんな仕事をするのかわからず不安でしたが、入庁して実際に工事の監督や日々の現場対応など人々の暮らしを支える仕事をすることがわかり、「入庁してよかった」と思います。

足利市のおすすめは?

市内には、足利学校や鑁阿寺等の歴史的な寺社があり、歴史と文化を感じられます。

ほかにも、足利の花火大会などのイベントも目白押しです。

受験者の皆さんへ・・

受験される方は、「土木の知識についてどれだけ必要なのだろうか」「どんな仕事をするのだろうか」と不安に思う方がいるかもしれませんが、心配ありません。研修等で学ぶ機会はたくさんありますし、職場には、必ず助けてくれる先輩や仲間がいますので、ガッツさえあれば乗り切れます。やりたい仕事に就いている自分を思い描き、目標に向かって頑張ってください。

ぜひ一緒によりよい足利市をつくりましょう。

(内容は平成30年3月現在のものです。)