ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人事課 > 先輩職員にインタビュー 【保健師】

先輩職員にインタビュー 【保健師】

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月20日更新

三室 愛 (平成28年度採用)

職員写真

所属

健康福祉部健康増進課健康指導担当

現在の担当業務

保健師として市内の地区を担当しています。妊婦さんから始まる切れ目のない子育て支援、学校と連携した思春期講座等の母子保健分野や、健幸(けんこう)なまちづくりを推進するために、生活改善推進員(ボランティア)さんや自治会をはじめとした地域の方々と一緒に活動をしています。

仕事でやりがい・充実感を覚えた出来事は・・

地域の健康づくり活動を地域の方々と一緒に実施していくことです。事前の話し合いで新たなアイデアが出ると、とてもワクワクします。もちろん、新しいアイデア・取り組みを行っていくには準備など大変なこともありますが、参加者の方から「とてもよかった」「健康に興味をもった」と言っていただけると、とてもやりがいを感じます。

入庁前と入庁後のギャップは・・

保健師として地域の健康づくりや子育てを応援していくには、想像していた以上に多くの職種の方々の関わりがありました。保健センターの職員だけでなく、ときには行政職の方々との協力も必要になります。

また、多職種との連携には様々な組織や職種の役割について知ることが必要だと感じています。

足利市の好きなところは・・

鑁阿寺や足利学校など、市内には歴史を感じることのできる場所がたくさんあります。また、最近は「映像のまち」としても注目されており、市内では映画やドラマのロケが多数行われています。映画やテレビでも足利の風景をよく目にするようになりました。市職員としてとても嬉しく思います。

受験者の皆さんへ・・

保健師の仕事は、住民の健康な生活を支援するなかで、自分を成長させることもできる魅力的な仕事です。

試験前は緊張や不安な気持ちもあるかと思いますが、保健師になりたいという思いを忘れずに、自信をもって試験に臨んでいただければと思います。保健師として一緒に働ける日を楽しみにしています。

(内容は平成29年7月現在のものです。)