ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民スポーツ課 > 平成25年度スポーツ意識調査の結果です

平成25年度スポーツ意識調査の結果です

印刷用ページを表示する掲載日:2015年3月30日更新

「体力・スポーツ意識に関するアンケート」結果のおしらせ

市民ひとり1スポーツの実現と生涯スポーツの推進に役立てるため、アンケートを実施しました。その概要を紹介します。

調査の概要

対象者

満20歳以上80歳未満の市民(外国人を除く)1,500人(年代、性別を無作為抽出)

調査時期

平成26年2月下旬~3月下旬

調査方法

郵送によるアンケート方式

回収率

33.3%(500人)

健康・体力について

約8割の人が「大いに健康」「まあ健康」と答え、多くの人が、自分には「体力」があると考えています。

運動・スポーツの実施について

この1年間に運動やスポーツを行った人は約5割で、その目的は「健康・体力つくり」「楽しみ・気晴らし」「運動不足を感じるから」が多くを占めています。

スポーツ実施率について

この1年間、運動やスポーツを行った人の中で、その頻度が週に3日以上と答えた人は59人、週に1~2日と答えた人は63人いました。スポーツ実施率は24.4%です。
※スポーツ実施率:週に1日以上、運動・スポーツを行った人の割合です。

スポーツの内容について

ゆるやかなスポーツ(いつでも、どこでも、誰でもできる運動やスポーツ)では3割の人がウォーキングをしています。競技的スポーツ(勝敗など優劣を競うスポーツ)では野球、卓球、陸上競技、バレーボールの順に実施している人の割合が高くなっています。野外でのスポーツ(自然との関わり持つスポーツ)では、ゴルフ、ハイキング、登山・クライミングを行う人が約5割を占めています。

スポーツ推進のために

今後、市として積極的に取り組むべきこととして、約2割の人が「年齢層にあったスポーツの開発普及」をあげ、約1割の人が「各種スポーツ行事・大会・教室の開催」「地域のクラブやサークルの育成」「スポーツに関する広報活動の充実」をあげています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)