ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民生活課 > 令和3(2021)年度足利市「市民力」創出協働事業を実施しています!

令和3(2021)年度足利市「市民力」創出協働事業を実施しています!

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月16日更新

足利市「市民力」創出協働事業

 「市民力」を活かした市民と行政の協働のまちづくりを推進するため、市の施策などにおけるテーマ(課題)に対して、市民団体などの皆さんから企画提案を募集し、市民と行政が協働で事業を行う『足利市「市民力」創出協働事業』を実施しています。

 令和3(2021)年度は、2事業(継続事業2件)を実施しています。

市のテーマ(課題):足利の「しごと」情報を若者に効果的に伝える取組み
~若者に情報が伝わるコミュニケーション設計~(継続事業)

提案事業名:若者による「市内企業の魅力発信プロジェクト」

提案団体:栃木県立足利工業高等学校 産業デザイン研究部
市担当部課:総合政策部 企画政策課

事業概要

 高校生が学校で学んだデザインの知識と技術を活かし、市内企業を取材し紹介するパンフレットを作成・配布することで、市内企業の理解を深め、発信力を高める一助とするとともに、若者や移住希望者に対して市内企業の効果的なPRを図るものです。

選考委員会 採用理由

 情報を伝えたい対象でもある若者(高校生)自身が市内企業を取材し紹介する内容であり、卒業後の進路に就職を選択する生徒が多い高校としての強みを生かした前年度からの継続提案になっており、効果的な情報伝達が見込まれます。
 この事業に取り組む高校生の成長が見込まれるとともに、若者や移住希望者等に対する市内企業のPR強化や地域の活性化にもつながることが期待できることから、採用とします。

市のテーマ(課題):魅力ある店舗回遊プロジェクト(継続事業)

提案事業名:もっとまち歩きしたくなるガイドマップ開発

提案団体:足利よりみちプロジェクト
市担当部課:産業観光部 商業振興課

事業概要

 中心市街地の店舗等を取材し、楽しみながら歩いて回れるガイドマップを作成することで、観光客だけでなく近隣住民も本市の魅力を再認識する一助とし、新規及び継続した店舗利用の促進及び各店舗の連携を図るものです。

選考委員会 採用理由

 足利市民や近隣住民を主な対象として、中心市街地にある商店等を歩いて回りその魅力を感じてもらえるような継続提案であり、個店同士の連携が図られ、各店舗の売上向上に寄与し、自立的な事業につながる可能性が見込まれます。
 民間ならではの視点によるユニークなマップの提案であり、住民が楽しみながら個店を回ること、また店舗や中心市街地の活性化、他地区への波及効果も期待できることから、採用とします。